スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Recovery

とっても久しい更新。


さて、2年かかって地道~~~に集めたM4A1カービンのパーツ。
一頻り集まったので、やっとこさ組み立てです。

ガワだけ

早速組付け。と言っても、アッパーはアウターバレルごと買ったので
ハンドガード組むだけと簡単。あとはピン止めで終了ですから・・・。
しかし肝心のバッテリー、およびマガズィンがないけどね。

メカボックスがないと、ストック、グリップとモーターは組めません。
ついでにマガジンキャッチも付けれません。ほんとガワだけです。

ジャンク

続いてこっち。ジャンク品で部品取りとして買ったM16A1。HOPもない
旧作で、モーターはオワコン臭のするEG560(まだVer.1メカで現役だけど)。
コレのお陰で初期M16はグリップが太く、イメージが良くないのです・・・。
何より560ってトルク無いからね・・・・。

今回のアフォ実験は「560時代のVer.2メカを改造してM4A1に積む
というもの。考えればとても⑨です。素直に買ったほうが安いし安全。


改造の前に留意するのは

・メカの切り欠き
M16A2及びM4A1より、レシーバーの分解が従来のA1のスライドさせての
方法から、ピンを抜いて縦に割るという方式に改められました。
そのため、アッパーの耳が干渉する箇所はVer2.5メカでは切り欠きが
あるので、整備性のためにここを削る必要があるのです。

・ノズルの違い
M4A1は時代の装備である可変HOP搭載、対する初期A1はノンHOP。
更に、レシーバーの結合が縦に割れるか横にスライドかの違いで
チャンバーも違います。そのままノンHOPのメカを可変HOPバレルに
組むのは不可能なんですな。この辺も実験です。

・配線
A1は旧型の固定ストック、M4A1はおなじみエンハンスドストック。
実銃はA1とA2でもストックが違う(強度アップ、長さアップ等)という
トリビアはとかく、当然A1でストック内にラージを収納するのとは
違い、M4A1はハンドガードにミニを搭載するという違い。

当然、外部バッテリーケースでも用いないと配線の移動をするはめに
なります。しかし今回は深く考えず、そのまま様子見で残す。


では行きませう。

飛びまして


いきなり分離。基本はハンドガード取ってアウターバレル外して
ストック外して配線を抜き、グリップとモーターを取ってレシーバーを
前にズラして外し、摘出という流れ。

こう見ただけではそう大差ない(700や1000仕様と)ですね。


トルクスナット

まぁ知ってる人多数だと思いますが、メカボのネジって少し風変わりな
トルクス(ヘックス)ナットが使われています。サイズにしてT-10というやつ。
これは手持ち工具のものですけど、買っても幾らもしないですね・・・。


これが地味に危ない


で、ケースを割るわけですけどその際に、スプリングとガイドがあるので
これを抑えるように外すのがコツ。もし仮に圧縮されたままだとそれこそ
ブッ飛んでいって危ないです。もし圧縮されてると思ったら、モーター軸の
刺さる中にあるラッチを引いてピストンを出してしまうこと。


ギア

こんな感じ。ギアの種類は3種類です。さすがに経年でグリスも劣化気味。
動作は問題ないようですが・・・?


キレイキレイ
O/Hのため分解したので、まずパーツクリーナーと灯油で洗浄。古い
グリスを綺麗に落とします。この際、ギアと軸受間に「シム」があるので
どれがどの場所かを控えておきます。これがないと異音などの原因にも。


灯油漬け


ギア。これも汚れが酷いので灯油に漬けて洗浄。しばらくするとグリスが
溶けて容器の底にどんどん溜まります。ある程度落ちたらパーツクリーナーで
洗浄。これでかなり綺麗になります。


合わせ

漬けてる間に、メカのガワだけをM4A1のロアに組み、ぶつかる箇所をマーキング。
このあと、サンダーでこの箇所を切断してしまいます。

作業時、アルミって時点で勘づいたけどとっても破片が飛ぶので
防具は絶対です。私見たく無防具でやって首や腕から流血なんてやめましょう。
(そもそもこんな作業しねーよって話だけど)


加工上がり

加工後。なにせサンダーの刃では細かい箇所を切れません。
ついでにVer.2メカで厄なメカ上の出っ張りも削り落とし。これだけで
組みやすさが上がるのです。あと、バリがあると動作時引っかかるので
マイナスドライバー等で削り落とします。簡単に取れると思います。



完成?

あとは部品を戻し、元通りに組んで完成。とりあえず形になりました。
まぁコイツは実戦デビューはまだ先ですが・・・w 改修箇所多すぎ(


たまにはのエアガン趣味でした。

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。