スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

synchronizer

「免許取得への練習」と称して自宅の庭を封鎖して車を走らせ始めて数日・・・。
今はもう車庫出し⇒移動⇒車庫入れのステップまでをできるようになったものの、
色々と練習しててある意味じゃ車ごとの特性をよく掴む事が多くなりました。


我が家の車はECR33、KS4、HNP11とそれぞれFR、4WD、RRというドライブトレーン。
ECR33はFRなので縦置きにミッションがコンソール下部にあり、すんなりと入って
クラッチの繋ぎさえガツンと行かなければ一番スムージーな発進をします。
ついでに言えばギアの入りもコクコクと入ってくれるのが良い所ですね。

KS4。いわゆるサンバーの4WD。此方はミッションがリアにあるのでシフトレバーからは
ワイヤー経由でギアを制御するため、ギアの入り(レバー操作)は大ぶりでグニャッと
した感覚。クラッチも爺ちゃんの運転的に結構ガツンと入る特性。慣れない内は
発進でリアがメッチャ沈み込みます。けど扱いやすさでは一番?

HNP11。しつこいですが希少なプリメーラの4WD。4WDというだけあってミッションは強固で
アテーサなのでデフが確か3つある構造です。私が車を初めて動かした練習車ですね。
ギアは例に漏れず入りは少し大ぶり、ギアの入りが深い為、中途半端に入れると
空転してギアが悲痛な音をあげます。ちなみに私が一番加減速、制動、発進に慣れてたり。


こう考えるとトランスミッションごとの特性でもかなり変わるものの、何よりP11だけの
特徴として、R(リバース)ギアにシンクロナイザーがついている点。いわゆるギアの入りを
補助してスムーズに入るためのサポートをするギア。

これがある所為かP11のギアは特にRギアの入りが他のギアに比べて深く、同じ感覚で
ギアを入れてクラッチを繋いだ瞬間「ズギャアァァァァァァァ」というギアの空転音が
凄まじく響きます。当然ながらミッションには良くない行為ですね・・・。
ミッションでもオーバーホールするならば、此処のシンクロだけは取っ払いたい一つ←


で、改めて最近R33を動かす機会が有り、ちょっとやってみると・・・。
何と言うのか、アクセルを煽らずしても普通にバックしますヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
クラッチが滑りだしてると言う割に難なく。と言うかシフトフィールが楽です(笑)
確かに考え見れば我が家で一番、馬力もトルクも有り余ってるから余裕なのか、
それとも元々の特性がこうなのか・・・。やっぱFRって(・∀・)イイネ!!

うーん、やはり私はバイクより車主義なのかも?
・・・免許取ったらまずHNPからカーライフはスタートかねぇ。

ではー(´∀`*)ノシ

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。